➡ 獣医師におススメの転職エージェントはこちら

失敗したくない!獣医が転職をする前に必ずやっておくべきこととは?

パワハラを受けているイメージ図

経験を積むために症例数の多い病院に転職したら、やりがい搾取で条件通りの給料がもらえない

アットホームな病院だと思って転職したら、人間関係が濃くて疲れる

転職を経験した獣医師の中には、決して成功とはいえないような事例が数多くみられます。

特に個人経営の動物病院は、院長に経営の知識が不足していたり、スタッフが少ない分人間関係が密なことが多く、肌に合わないと続けていくことが苦痛になってしまいます。

そのため、労働環境や人間関係が原因で、転職を繰り返してしまう人も少なくありません。

転職を成功させるためには、事前準備ができているかどうかがとても重要です。

この記事では、以下の2点について詳しく解説します。

この記事を読むと、転職前にやっておくべきことがわかり、転職の成功率を上げることができます。

転職を検討している獣医師の方は、ぜひ参考にしてください!

この記事を書いた人
  • 動物病院と公務員で3回の転職を経験
  • 動物病院勤務では、平均14時間におよぶ長時間労働やトップダウンの経営方針に悩む。
  • 結婚を機に退職し、現在は獣医師のキャリア形成について発信。
  • 2児の母。
目次

獣医師が転職に失敗してしまう4つの理由

つまづく女性

転職に失敗してしまうのは、事前準備が足りないためです。

私は3回転職に失敗していますが、それは事前準備をせずに、転職をすることで問題解決しようとしたからです。

以下は、転職に失敗してしまう主な理由ですが、いずれも事前の準備不足が原因です。

転職失敗につながる理由
  • 情報収集を怠る
  • 待遇面を重視し過ぎる
  • 転職理由が不明確
  • 転職で問題解決しようとしている

理由①:情報収集を怠る

情報収集は転職活動の生命線です。

情報収集が不十分だと、働き始めてからミスマッチに気づいたり、判断材料が少ないため、妥協した決断をしてしまうことになりかねません。

実際、私の場合、1度目の転職に失敗してしまったのは、病院スタッフの人間関係についての情報収集が不十分だったことが原因です。

まめしば

もし、問題の先輩獣医師が院長とはご近所さんで、昔ながらの間柄のため強く注意できないということを知っていたら、転職先には選ばなかったかもしれません…

そのため、HPの募集要項や転職サイトの求人情報のような表面化された情報はもちろんのこと、職場の雰囲気や人間関係など、表面化されない情報も入念に収集する必要があります。

また、自分一人の独自な情報収集は、情報の偏りを生むリスクがあります。

獣医師の転職は、一般企業の転職とは異なる部分も多く、情報収集が難しいと感じる人も多いと思います。

そのため、友人や知人の口コミや紹介に頼って、転職に失敗してしまうケースもあるので注意が必要です。

相手にとっては良い(または悪い)と感じても、あなたが同様に感じるとは限りません

友人・知人からの情報は参考程度に受け止め、情報収集をする際は、なるべく多方面から情報を集めることが重要です。

理由②:待遇面を重視し過ぎる

動物病院で勤務している人の中には、長時間労働や収入が少ないことが転職理由の人もいるのではないでしょうか。

待遇面の改善を目的とした転職の場合は、それが転職の目的になってしまわないよう気をつける必要があります。

待遇面が魅力的でも、自分のキャリアパスが実現できなかったり、院長のビジョンや病院の方針に共感できないと、結果的に働き続けることが苦しくなってしまいます。

もちろん、自分のキャリアパスが実現できそうだからといって、待遇面のチェックを疎かにしていいというわけではありません。

ワークライフバランスを向上させることは、仕事の質を上げるためにも、人生を豊かにするためにも重要なことです。

自分のキャリアパスを含め、先ずはしっかりと自己分析をし、今までの経験やスキルが生かせるのか、自分の価値観に合う職場なのかを判断した上で、待遇面もチェックすることが重要です。

まめしば

次の記事では、ワークライフバランスを向上させる方法について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!

理由③:転職理由が不明確

転職理由が曖昧なまま転職に踏み切ってしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高いので要注意です。

先ずは、「将来獣医師としてどうなりたいのか」「どんな働き方をしたいのか」という転職軸を明確にし、その上でキャリアパスを設定することが大切です。

転職の軸がないと、「あの人が嫌だから」「何となく仕事がつまらない」というように転職理由もはっきりしないまま、目先の条件の良さで転職先を決めたり、安易に問題解決に走ることになってしまいます。

私の転職失敗の大きな原因は、前の職場で感じた不満から「少なくともこういう環境だけは嫌だ!」と条件付けをして転職先を選び、自分のキャリアについての見通しがなかったことです。

そのため、どの道を進むことが正解なのかわからなくて、自分自身でも先が見えず苦しい思いをしました。

自分の感情は尊重しつつも、転職してどうなりたいのかというポジティブな理由を持っておくことも重要です。

理由➃:転職で問題解決しようとしている

今の職場に不満があり、環境を変えることで問題解決をしようと考えている場合、同じような問題に遭遇した時、転職を失敗だと感じてしまう可能性があります。

まめしば

特に、人間関係に問題を抱えている場合、環境を変えることで問題解決できると思ってしまいがちです。

確かに、人間性やコミュニケーションの取り方に問題のある人がいることも事実ですが、全てを環境のせいにしてばかりいると転職は成功しません。

個人の希望を完全に満たす職場は存在せず、多かれ少なかれ不満は出てくるものです。

もちろん、ストレスから体調を崩したり、酷いハラスメントがある場合などは、転職で環境を変えることも必要ですが、問題に対する自分の姿勢を見直すことも重要です。

転職成功のポイント!転職前にやっておくべき4つの準備

アイディアを育てる女性

失敗してしまう原因を踏まえた上で、転職成功のポイントとなる、転職前にやっておくべき準備について解説します。

  • 精度の高い情報収集をする
  • 自己分析をする
  • キャリアパスを明確にする
  • マインドセットを変える

POINT①:精度の高い情報収集をする

情報収集が重要なことはすでにお伝えしましたが、知識が不足していると情報収集が不十分なことに気づくことができないので注意してください。

募集要項の確認は大前提として、以下の方法も参考に精度の高い情報収集をしてください。

  • 転職サイトの求人情報のチェック                                      転職サイトの求人情報は、多くの場合、法律に則ったフォーマットを使用しています。そのため、病院HPに記載がない情報を得ることができるので、必ず一度はチェックするようにしましょう。(参考:動物病院の募集要項のチェックポイント
  • 転職エージェントの利用                                        転職エージェントは非公開の求人情報だけではなく、企業や病院とのコネクションがあるため、職場の空気感や院長の人柄など、表面化されない情報を保有しています。                      また、転職エージェントを利用することで、様々な転職ノウハウも得ることができます。(参考:転職エージェントを利用するメリット
  • 雇用契約書(労働条件通知書)のチェック                             雇用契約書など、労働条件が明示された文書は、契約前に目を通すようにしましょう。             多くの場合、契約と同時に配布されるので、事前に確認させてもらえるように打診し、納得した上で契約を結ぶことが重要です。
  • 複数日実習に行く                                            実習は複数日、できれば1週間程度行くことが理想です。                             動物病院は日によって混雑具合や患者層が異なるため、1日だけではスタッフの人間性や、その病院でのキャリアパスの評価はできません。                                病院を多面的かつ総合的に評価するためには、1週間、少なくとも3日間は実習に行くことが必要です。

求人情報をチェックする時に注意しておきたいことは、募集要項の内容はあくまでも「見込み」で全てが適用されるわけではないということです。

法的に義務づけられている労働条件の明示は、雇用契約書または労働条件通知書のことを指すので注意しましょう。

ペーパーレス化への対応として、平成31年4⽉1⽇からFAXやメール、SNSなどでも明示が可能となりました。

また、転職エージェントを利用することで、表面化しにくい情報を得られるだけではなく、スキルや適性の客観的な評価や面接対策、履歴書の添削など、様々な転職ノウハウを得られることは大きなメリットです。

まめしば

情報を持っていることと、その情報の生かし方を知っていることは、転職では強い武器です!

次の記事では、Vet Agentという獣医師特化型の転職エージェントについてレビューしています。

情報収集の精度を上げたい人は、ぜひ参考にしてください!

POINT②:自己分析をする

動物病院は、一般企業の就職活動とは異なり、院長との形式的な面談と実習で入職が決まってしまうことがほとんどです。

そのため、動物病院に勤務する獣医師の中には、しっかりとした自己分析を行ったことがない人もいるのではないでしょうか。

しかし、転職をする上で自己分析を行うことはとても重要です。

なぜなら、「何のために転職をするのか」という転職軸や、自分に適した環境や働き方がわかっていないと、働き始めてからミスマッチに気づくことになってしまうからです。

また、「自分のやりたいこと」と「自分に向いていること」は異なる場合があるので注意してください。

例えば、多くの症例を経験して高度なスキルを身につけたい(=やりたいこと)と思っていても、物事にじっくりコツコツ向き合う性格(=向いていること)だと、症例数の多い病院のペースについて行けず、転職を失敗だと感じてしまう可能性もあります。

自己分析は転職の軸を決め、自分の経験やスキル、思考や行動、価値観に至るまで詳細に行う必要があり、そうした深い自己理解が転職の成功につながります

自分のポートフォリオのイメージ
自分自身のポートフォリオのイメージ
自分自身のポートフォリオのイメージ
自分自身のポートフォリオのイメージ

POINT③:キャリアパスを明確にする

キャリアパスとは、キャリアを積み重ねていくために必要となる過程や進路のことを言います。

キャリアパスが定まっていないと、「仕事がつまらない」「職場が合わない」というように、はっきりと理由もないまま目先の条件の良さだけで転職をし、転職の失敗につながってしまいます。

実際私は、キャリアアップを目指した1度目の転職では人間関係で失敗し、2度目の転職ではキャリアアップと人間関係を重視したものの、将来の見通しに不安を抱え公務員に転職することになってしまいました。

キャリアパスを設定することは自己分析の一環になりますが、仕事に何を求めるのか将来獣医師としてどうありたいのかというビジョンを持っておくことはとても重要です。

先ずはキャリアパスを明確にし、それを実現するためにはどうしたらいいのかを逆算して導き出すのが正攻法です。

まめしば

仕事だけではなく、プライベートで実現したいことも逆算して考え、行動に移すと、より人生が豊かになると思います!

POINT➃:マインドセットを変える

マインドセットとは、過去の経験や教育の内容、育ってきた社会、個人的な先入観などの、さまざまな要素によって形成される思考パターンのことを言います。

同じ出来事でも、人によってとらえ方が違うのは、マインドセット(考え方の癖)が違うからです。

マインドセットがポジティブなのか、それともネガティブなのかということは、仕事に対する姿勢や周囲との関わりに大きく影響します

転職を成功させるためには、ポジティブなマインドセットが必要です。

マインドセットがネガティブな状態では、不満をすくい上げてしまいやすく、些細なことを重大にとらえたり、気に入らないことがあるとブラックだと決めつけ、転職の成功を感じることができません。

環境や条件のよい職場を選ぶことも大切ですが、働く側がどのようなマインドでいるのかということも、転職を成功させるためには重要です。

まめしば

次の記事では、転職の成功に必要なマインドセットについて解説しているので、ぜひ参考にしてください!

まとめ

今回は、獣医師が転職に失敗してしまう理由と、転職成功のポイントとなる事前準備について解説しました。

私は、正社員として3回転職を経験していますが、いずれも失敗に終わったと感じています。

失敗の原因は、自己分析が足りなかったことと、情報収集が不十分だったことです。

転職を成功させるためには、先ずは自己理解を深め、より多くの良質な情報を収集することが重要です。

そのためには、何のために働くのか、獣医師としてどういう働き方がしたいのかについて一度じっくり考え、しっかり準備してから転職に向けて動き出すようにしましょう。

なお、次の記事では転職をする上で最も重要な、情報収集のポイントについて詳しく解説しています。

転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

獣医師転職を目指す方へ

好条件の転職先を見つけた勤務獣医師に、注意喚起する獣医師

この記事を書いた人

動物病院と公務員で3回の転職を経験。
動物病院勤務では、平均14時間におよぶ長時間労働やトップダウンの経営方針に悩む。結婚を機に退職し、現在は獣医師のキャリア形成について発信。2児の母。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次